眼瞼下垂手術の保険適用の条件

「眼瞼下垂症」の診断には明確な基準がなく、診察する医師によって異なることがあります。 そのため「眼瞼下垂症」の診断に明確な基準がないため、保険適用の判断も医師に委ねられています。
基本的に眼瞼下垂症と診断されるには、上まぶたが瞳孔(黒目の中心)の大部分まで下がり、まぶたを開くのに力を必要とし、視野障害を伴うことが必要です。(一つの目安として、黒目の中心から上まぶたの縁までの距離が3.5mm以下であれば眼瞼下垂と判断されます。)

また、眼瞼下垂症の手術に保険が適用される条件として

  • 眼瞼下垂症と診断されていること
  • 手術の目的が美容目的ではなく、あくまでも治療が必要とされる病気や怪我の治療であること
  • その治療法が、国が認めた治療法、または厚生労働省が認めた医薬品であること
があります。
保険適用できる治療法(挙筋前転法)に規定があるため、切らない治療法や美容目的の手術方法では保険が適用できません。

上まぶたがわずかに一部が瞳孔を覆っているなどの軽度の眼瞼下垂と診断された場合や、視野障害(視野が狭くなる)がない場合は、保険適用外と診断されるとがあります。

ごく軽度の場合や、まぶたの皮膚がたるんで見えにくいのを解消したい、すっきりした目になりたいというなどの美容目的の場合、切らない治療を希望の場合、または他院で一度手術を受けた修正手術を希望の場合は、保険適用外となり自由診療となることが多くあります。

ただし、症状が軽くても、物を見るときに眉毛やあごを上げる癖がある場合は、視野障害がなくても眼瞼下垂と診断されることがあります。眼瞼下垂の症状は、ご自分では判断できませんので、自己判断せずにまずは専門医に診てもらうことをお勧めします。

保険の手術や切らない手術では効果が出ないほどの重度の場合や、既に上瞼の切開手術を受けた方で修正をご希望の場合は、当院では無血手術が可能なレーザーメスを使う手術をご提案しております。
この場合の眼瞼下垂の症状は、挙筋の位置が瞼の奥の方に落ち込んでいると、引き寄せる事が難しく、普通のメスで切ると出血が多くなり、挙筋をうまく見つける事が出来なくなるため、レーザーメスをお勧めしますが決して強制するものではありません。
眼瞼下垂の診断は医師によって判断基準が異なることがあるため、同じ方の症状でも重度と診断しない医師がいるかもしれませんが、当院では、術後の仕上がりやダウンタイム(腫れや内出血)、眼瞼下垂の術後の効果など、患者様のご希望をお伺いして、最適な治療方法をご提案しております。
また、仕上がりの見た目(デザイン)が気になる方は、保険診療かスーパー埋没法をお勧めしておりますので、カウンセリング時にご相談ください。

Q 眼瞼下垂の手術費用は保険適用ですか?
A 眼瞼下垂の手術費用は手術方法によって変わります。普通のメスを使って挙筋前転法を行う場合は保険適用となります。費用は片側22,500円(3割負担)です。切らない手術、レーザーメス手術、修正手術の場合は自費診療になります。
(ただし、修正手術に関しては他院では保険で施術して貰える可能性もありますので、他院担当医師に直接ご確認下さい)
Q 眼瞼下垂と診断される基準を教えてください。
A 眼瞼下垂の診断基準は、上まぶたが瞳孔(黒目の中心)の大部分まで下がっている状態が挙げられます。また、まぶたを開くのに額の筋肉を必要としていることも挙げられます。黒目の中心から上まぶたの縁までの距離が3.5mm以下であれば眼瞼下垂と診断されます。
Q 眼瞼下垂の保険適用の基準はありますか?
A 眼瞼下垂症に保険適用される基準は
  • 眼瞼下垂症と診断されていること
  • 手術の目的が美容目的ではないこと
  • 治療が必要とされる疾患の治療であること
  • 治療法が、国が認めた治療法と厚生労働省が認めた医薬品であること
があります。
ただし「眼瞼下垂症」の診断には明確な基準がないため、保険適用の判断も医師に委ねられています。
Q 眼瞼下垂は20代でも保険適用になりますか?
A 眼瞼下垂の保険適用を決める年齢による制限はありません。20代でも挙筋前転法で手術する場合は保険適用になります。

Copyright Tachibana clinic All Rights Reserved.