眼瞼下垂(自費診療)

ウルトラパルスCO2レーザー(UPC)による眼瞼下垂治療「自由診療」

ウルトラパルスCO2レーザー(UPC)による眼瞼下垂治療の手術方法

ウルトラパルスCO2レーザー(UPC)による眼瞼下垂治療とは 重症の眼瞼下垂症の方は挙筋の位置が瞼の奥の方に落ち込んでいるので、簡単に引き寄せる事が難しい上に、普通のメスで切ったのでは出血が多くなり、挙筋をうまく見つける事が出来ません。
そのため当院では無血手術が可能なレーザーメスを使って手術を行います。そうすることで、正確に挙筋を見つけて引き寄せができるので、確かな効果が発揮できるようになります。離れた挙筋を確実に見つけられるかどうかが結果を大きく左右しますので、ウルトラパルスCO2レーザーは必須の機械と言えます。
ウルトラパルスCO2レーザー

ウルトラパルスCO2レーザー(UPC)による眼瞼下垂治療の手術方法は動画でご確認ください。

上まぶたの皮膚をレーザーメスで約3cmぐらい切開してまぶたを上に持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋) を確認し、直接瞼板に縫いつけることにより、目の開きにくさ、見えにくさの改善を図る方法です。この時、ウルトラパルスCO2レーザー(UPC)を使用することで、無血手術が可能になり傷の治りが早くなる効果が期待できます。

─ DOCTOR COMMENT ─

立花院長

ウルトラパルスCO2レーザーメスの手術は、眼瞼下垂を治療する最後の砦と考えています。
保険の手術や切らない手術では効果が出ないほどの重症な場合や、既に上瞼の切開手術を受けた方で修正が必要な方に使う方法です。こういった方にはレーザーメス以外の方法では効果を期待できません。
ただし、デメリットもあります。術後の変化が大きいので見た目の出来上がりを正確にシミュレーションできないという事です。保険の手術や切らない手術では見た目も含めてほぼ正確にシミュレーション出来ますので、眼瞼下垂の症状が重症でなければ保険の手術か切らないスーパー埋没法の方が安心です。

こんな方におススメです。

  • 眼瞼下垂の症状が重度と言われた
  • とにかく眼が疲れるので、早く治したい
  • 視界が狭くて、夜の車の運転が不安
  • 何年もいつも目が開けづらく、眠たそうだと言われる
  • まぶたが瞳にかかっていて見えづらい、目が開いてないと言われる
  • 額の深いシワが深くなって老けて見える
  • 頭痛・肩こり・眼の疲れなどが年々強くなっている

施術の流れ

  • 1.

    診察・カウンセリング・血液検査(手術のご予約)

  • 2.

    治療

    • 局所麻酔による日帰り手術を行います。
    • 手術は1時間~最大約2時間で終わります。
  • 3.

    帰宅

    • 手術後、しばらく冷やしてから薬を塗ってからご帰宅できます。内服薬と塗り薬、痛み止め、点眼薬などをお渡しします。
  • 4.

    経過観察

    • 7日後に抜糸します。
    • 手術直後の瞼は腫れますが、4週間ぐらいで引いてきます。

手術後の注意点

  • しばらく冷やしてから薬を塗って帰宅していただきます。
  • 内服薬と塗り薬、痛み止め、点眼薬などをお渡しします。

眼瞼下垂の手術費用(自由診療)

両目 片目
ウルトラパルスCO2レーザーメス法 480,000円(税込528,000円) 288,000円(税込316,800円)
ウルトラパルスCO2レーザー法(全切開法)+タルミ取り 680,000円(税込748,000円) 408,000円(税込448,800円)

眼瞼下垂の症状が重症と診断された方にお勧めです。目元のエイジングケア治療として、目元のたるみの治療も同時に行えます。(別途費用)

切るのが怖い方には切らない眼瞼下垂術スーパー埋没法「自由診療」

スーパー埋没法(切らない方法)眼瞼下垂の手術方法

スーパー埋没法

スーパー埋没法(切らない方法)による眼瞼下垂治療とは 皮膚を切りたくない、ダウンタイムを短くしたいという希望の方にはスーパー埋没法という切らない手術があります。術前に出来上がりがほぼ正確にシミュレーション出来て、効果も保険の手術に引けを取らないほどしっかりしており、持続も5年から10年は期待できる本格的な治療です。10年以上先については個人差があるので断定できません。
  • 3か所ずつ固定するので強力1. 3か所ずつ固定するので強力
  • 糸を挙筋腱膜に通す2. 糸を挙筋腱膜に通す
  • 開眼3. 開眼

皮膚を切らずに糸の操作だけで挙筋腱膜を瞼板に引き寄せ固定します。
切らないとはいえ固定力はかなり強力で、中程度までの眼瞼下垂なら効果抜群です。針穴からばい菌の侵入を防ぐために、皮膚は一旦縫いますが、1日か2日で抜糸をします。

─ DOCTOR COMMENT ─

立花院長

スーパー埋没法には以下の様に多くのメリットがあります。

  1. 手術時間が短い(両目で約30分)
  2. ダウンタイムが短い(1~2日で洗顔可能)
  3. 手術前に出来上がりのシミュレーションをほぼ正確に再現できる
  4. 二重の幅をある程度は希望に沿える
  5. 手術効果が保険の手術と変わらないぐらいに強い
  6. 効果の持続期間も5~10年ぐらいは見込める

この様に保険手術では出来ない柔軟な対応が出来ますので、効果が期待できます。

こんな方におススメです。

  • 眼瞼下垂の症状はあるが軽度と言われた
  • 切る治療はしたくない
  • 腫れやダウンタイムが少ない治療がしたい
  • 仕上がりがきれいな治療をしたい
  • まぶたが瞳にかかっていて見えづらい
  • 額に深いシワが増えてきた

施術の流れ

  • 1.

    診察・カウンセリング・血液検査(手術のご予約)

  • 2.

    治療

    • 局所麻酔による日帰り手術を行います。
    • 手術は両眼で約30分間で終わります。
  • 3.

    帰宅

    • 手術後、しばらく冷やしてから薬を塗ってからご帰宅できます。内服薬と塗り薬、痛み止め、点眼薬などをお渡しします。
  • 4.

    経過観察

    • 1~2日日後に抜糸します。
    • 手術直後の瞼は腫れますが、1週間ぐらいで腫れは引いてきます。

手術後の注意点

  • しばらく冷やしてから薬を塗って帰宅していただきます。
  • 内服薬と塗り薬、痛み止め、点眼薬などをお渡しします。

眼瞼下垂の手術費用(自由診療)

両目 片目
スーパー埋没法(切らない方法) 250,000円(税込275,000円) 150,000円(税込165,000円)

術後のキレイな仕上がりを重視する方、短い期間のダウンタイムをご希望の方にお勧めです。

Copyright Tachibana clinic All Rights Reserved.